2017年07月28日

新聞掲載と3DCAD/CAM導入

こんにちは。
梅雨が明けていよいよ夏本番ということで、毎日暑い日が続いていますね
クランクシャフト加工の八瀬鉄工所です。


さて、先日、日刊工業新聞様に社長を掲載していただきました。
(少し画像小さくてすみません)
0627日刊工業新聞記事写真.JPG

弊社では、新たな受注にいつでも迅速に対応できるように準備を進めております。

3月の自動機導入に続いて、
(記事はこちらをご覧ください
http://yase-blog.seesaa.net/article/448570637.html

6月には、
コダマコーポレーション鰍フ3DCAD/CAMソフト「Topsolid7」を導入しました。
複雑な形状のクランクシャフトが初回品でもより早く加工に繋げられるようになります。
3DCADCAMイメージ図.jpg
(イメージ図)


現場はただいま、ソフトを使いこなすため奮闘中です



素材から仕上げ加工まで。
短納期にも積極的にお応えします。

八瀬鐵工所では素材から仕上げ加工まで、一貫して行える技術・設備があります。
クランクシャフトに必要なほぼ全ての工程を1社で請け負うことによって、納期の短縮・コストの削減を実現。
もちろん、荒削のみや、仕上げ加工のみ等のご依頼にも、高い技術力をもってお応えします。
<営業種目>
•クランク軸加工(荒削、中削、油穴加工、研磨加工、仕上加工)
•その他偏軸、各種シャフト加工






posted by マスター at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。